【ケガと記録に強い選手を育成しよう!】 オリンピック・パラリンピックを目指すジュニアアスリートの体調を整えるホームケアが学べます。大宮区のスポーツ整体治療院で開催中。

体調のケア

調子いい!が「まぐれ」でなくなる日常

アスリートにとっていちばん大事なのは「体調を崩さないこと」。

  • おなかが痛くなりやすい
  • 風邪を引きやすい
  • 疲れが取れない

そんな状態では、練習に身が入りません。

「最近、調子いいな♪」でなく「調子いい」がずっと続くようケアする方法があります。

その一つが、【体質に合った食品を食べる事」です。

生まれつきの体調だって あきらめることはない

誰もが「いつも元気いっぱいで風邪ひとつ引かない」というわけにはいきません。

人それぞれ、生まれつき体質や体型が違うのは当たり前のことです。

とりわけ、最近のジュニアには、アレルギー性鼻炎や疲れのとれない子がたくさんいます。

アレルギー治療のため、ずっと薬を飲み続けている子も少なくありません。

症状が悪化することもありますが、薬に頼るだけでは何も解決しないのです。

この写真は「一生薬は手放せない」と医師から告げられていた息子のアトピーが、体質に合わせた食品の献立に替えて良くなった一例です。

 

atopy_B_Aのコピー

幼いころから薬をやめるとぶり返す痒みで、とてもつらそうだった息子ですが、今はずいぶんと肌がきれいになりました。

「なぜ不調が起こるのか?どうすれば楽になるのか?」

【K7″式セルフケア 栄養教室】では、①身体の成り立ち ②栄養と身体との関係 ③命を守る身体の仕組みなど、を、ジュニアでもわかるように、独自のテキストを使ってお伝えします。ありきたりの「スポーツ栄養のノウハウ」とは違って、「ヒトとしてどんな栄養素がどれくらい必要か?」という科学的な目線を持つことが出来るようになります。

また、身体にいい食品と言われる「卵」は食べると死んでしまう「猛毒」になることもあります。

一人一人の体質によって「身体にいい食品は違っている」という事実をしっかり受け止めながら、解決の筋道を見つけていきます。

【ご利用者様からの声】

  • 自分の知らないことばかりでよかった
  • 手作りの表などを使ってとても理解しやすかった
  • ちびっ子でもわかりやすくてよかった      など

<注意点>

  • セルフケアは治療に変わるものではありません。
  • アトピー性皮膚炎の投薬治療を否定するものではありません。
  • アトピーその他、治療に関しては、かかりつけの医師にご相談ください。

 

 

変われるチャンスは、ここにあります! TEL 048-650-3263 9:00-11:30/16:30-19:30(営業時間)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © Athlete Mothers Doctor Academy - K7″ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.