日本にしかない価値観

日本は諸外国と比べて、独特の文化・気配があるという。

以前読んだ日本史の本に、こんなことが書いてあった。

▼▼▼ここから

近代化が進んだ今日であっても「手づくりの器」が存在できるのは日本ならでは。
諸外国なら間違いなく衰退している。
効率化よりも「手づくりの価値」が重要視されているのには、理由がある。
それは、「茶の湯」の文化。

抹茶の起源は中国。日本はこの「抹茶」を最高のおもてなし道「茶の湯」として確立した。茶の湯で使う「茶器」や「お菓子器」、しつらえに使う「花器」などは、てびねりの器が用いられる。

もし、日本に「茶の湯」が無かったら、手づくりの器文化は消滅していただろう。

▲▲▲ここまで

田舎の農村に育ち、茶道も華道も習ったことがある私にとって、【生活すべてが手づくりだった、かつての日本の暮らしこそが日本文化そのもの】だと、素直にうなずくことができた。
すでに日本の社会から消えようとしている、「手づくりの価値と日常生活を楽にするコツ」は、なんとしても後世につなげたい。
 

いつか「家庭科塾を開きたい」

田舎暮らしで身についた、古き良き時代のおふくろさんの知恵と技を伝える家庭科塾構想を練り始めて11年。
「家庭科 おふくろ塾」も 「セルフケア普及活動」とともに始める準備に入った。
まずは、当ラボ IT担当 スタッフが ブログをリニューアル。
過去11年間の私の想いがつらつらと書いてある。
手探りだけど急がず焦らず「できることを精一杯」 の気持ちで行こう♪
 

投稿者プロフィール

HashioChiemi
HashioChiemi
自分でできる!楽に動ける!
【痛み・不調】が楽になる【K7"式セルフケア(楽勝テープ・楽勝レシピ)】をお伝えします♪